2024年5月16日木曜日

胃潰瘍を予防するには

みなさん、こんにちは。

保健師 竹田です。

連休もあけ、生活リズムも取り戻してきているところでしょうか。暑さも厳しくなってきそうですので、体調に気をつけてお過ごしください。

今日は胃潰瘍についてお話します。

胃潰瘍とは


胃潰瘍は粘膜や皮膚がただれて崩れ、深く傷付いている状態です。胃液に含まれる強酸やタンパク質分解酵素のペプシンなどが粘膜を消化して潰瘍を生じます。
胃液は食物の消化に加え、口から入ってきた病原体を殺菌・不活化する役割を持っています。通常は胃粘膜が粘液に守られていて胃液からのダメージを防ぎ、傷付いても速やかに修復します。
ストレスやピロリ菌感染、非ステロイド系消炎鎮痛薬、暴飲暴食などの影響で本来の防御機能では間に合わないほど傷付いてしまって胃潰瘍になります。


症状は


  • 胃痛
  • 吐き気・嘔吐
  • 胸やけ・げっぷ・食欲不振
  • 体重減少
  • 貧血
  • 吐血・下血
  • 黒い便

原因は


ピロリ菌感染
ピロリ菌感染は胃潰瘍の原因の7割以上を占めるとされています。幼少期に経口感染して持続的な胃粘膜の炎症を起こし、胃潰瘍や胃がん発症リスクの高い萎縮性胃炎などを生じることがあります。ピロリ菌が原因で胃潰瘍を生じている場合、除菌治療に成功することで胃潰瘍の再発も予防できます。

精神的ストレス
精神的に強いストレスを受けると、自律神経の働きが乱れる場合があります。胃腸などの機能は自律神経によってコントロールされているため、ストレスが原因で胃酸が過剰に分泌され、その結果、胃潰瘍になってしまうことがあります。

痛み止めやステロイドなど
薬による胃潰瘍は、非ステロイド系消炎鎮痛薬やステロイドなどの服用によって生じることも多くなっています。痛み止めなどの薬を服用して胃の痛みなどの症状が現れたらすぐに受診して処方について相談しましょう。

食事などの生活習慣
刺激の強い香辛料などを過剰摂取したり、大量の飲酒やコーヒーは胃に負担がかかります。また、喫煙は胃粘膜の血流を低下させ、これらが胃潰瘍を引き起こすこともあります。
早食い、食べ過ぎ、夜食なども胃に負担をかけてしまいますので、意識的に気をつけましょう。

胃潰瘍の予防


適切な食事と生活習慣
胃潰瘍の予防には、適切な食事が大切です。胃に負担をかけない食事を心がけること、例えば刺激物の少ない食事や食事の量を適切に調節することが必要です。また、定期的な運動や規則正しい生活リズムを保つことで、胃の健康を維持します。

ストレス管理とリラクゼーション
ストレスは胃潰瘍の大きなリスク要因です。リラクゼーション法を身につけ、ストレスを適切に管理することが重要です。ヨガや瞑想、深呼吸などのリラクゼーション法を活用しましょう。

投薬療法
ヘリコバクター・ピロリ菌の感染がある場合は、医師の指導のもとで適切な抗菌療法を行うことが重要です。
また、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)を使用する場合は、胃を保護する薬も併用するなど、医師の指導に従いましょう。

ピロリ菌の検査を受けたことがない方は一度受けてみましょう。
今日も一生懸命  竹田




2024年5月11日土曜日

五月病について

 こんにちは、山内です。

最近は夏日の事もあれば、朝晩は少し冷えたりとしますね。体調を崩さないように十分お気をつけください。



今回は5月病についてです。

5月の連休後に、学校や会社に行きたくない、なんとなく体調が悪い、授業や仕事に集中できないなどの状態を「五月病」と呼びます。

初期症状としては、やる気が出ない、食欲が落ちる、眠れなくなるなどが挙げられます。

これらの症状をきっかけとして、徐々に体調が悪くなり、欠席や欠勤が続くことがあります。

五月病は、主にストレスが原因で起こります。進学や就職、転居などで新しい環境に変わる人が多い新年度は、特にストレスがたまりやすい時期です。

五月病への対応策としては、ストレスをためないことが大切です。

上手に気分転換できるように、日頃からご自分に合ったストレス対処法を多く身につけておきましょう。

①体のリズムを整える

睡眠の質や時間が心身に影響することが、さまざまな研究によって明らかになっています。

休日もある程度決まった時間に起き、深夜まで活動したり、就寝前にスマホに触れることはできるだけ避けましょう。

②運動をする

体を動かすことは、心の健康にもよい影響を与えます。

強いストレスを感じていると、体も緊張して硬くなってしまいます。ストレッチで筋肉を緩めて体の緊張を解くと、心もリラックスします。

また、余暇時間に好きな運動を楽しめば、気分をリフレッシュできます。

ウォーキングや筋トレ、水泳、ヨガなど、自分に合った運動を見つけて習慣にしましょう。

③1日3食の食事を大切にする

心身の健康の維持には、1日3食、栄養バランスのとれた食事が欠かせません。

食事のリズムが整うと、日中の活動や睡眠リズムも自然と整い、ストレス管理に役立ちます。

④趣味を続ける

それまでに続けてきた趣味がある場合は、継続することをおすすめします。

パズル、プラモデル、絵、料理……なんでもかまいません。好きなことをして、ストレスを発散しましょう。

自分の好きなことができる時間を大切にしましょう。

⑤親しい人たちと交流する

友人や知人と話をすることで、不安やイライラした気持ちが整理されて、自ずと解決策がみえたり、アドバイスがもらえたりします。

新しい環境に適応するためにはたくさんのエネルギーを必要とします。

元気がないと感じる場合は、心と身体がもう十分頑張ったから休みたいというメッセージです。まずはゆっくり休んでエネルギーをチャージしてあげましょう。

それでは、またよい一日を。山内

2024年5月2日木曜日

連休こそ体調管理に気をつけよう!

 みなさん、こんにちは🍀

保健師 曽我です。

今週はゴールデンウィーク真っ只中ですが、いかがお過ごしでしょうか?

5月とは思えないような暑い日が続いたかと思えば、寒い日になったり・・・💧体がついていきません。

暑さにも慣れていない時期ですので、体調管理お気をつけください。

今年のGWは間の休みをとれば、最大10連休となります。

今日で前半は過ぎ明日から後半のお休みとなります。

連休は家族や親戚、仲間が集まり、リラックスして過ごせる機会が増えますが、普段の生活スタイルを維持するのが難しくなる時でもあります。そのため食事や運動などに偏りが出たり、余分なストレスを溜めこむ恐れがあります。 休日が続くと、食べ過ぎと運動不足が重なり、血糖コントロールを乱したり、体重を増やす人が多くなります。

以下の対策を行い、この時期を快適に過ごしていきましょう🍀


1 休日をどう過ごすか、計画を練る

 休日は生活が不規則になりがちになり、普段通りの食生活を続けるのが難しくなり、運動不足になりやすくなります。仕事の片付けや予定外の用事が入ったりと、ストレスがたまりやすい時期でもあります。

 また、多くの人にとって、体重コントロールが難しい時期でもあります。米国立衛生研究所によると、休日が続くと多くの人が体重を1kg以上増やすと言われています。「少なくとも、今よりも体重を増やさないようにしよう」という気持ちを強くもつことが大切です。

 事前に「いつ・どこで・何をするか」という予定を、カレンダーに書き留めておくと、健康的な食事や運動のための時間を確保できるようになります。

2 快眠はまずは規則正しい生活から

 規則正しい生活によって、体内時計がホルモンの分泌や生理的な活動を調節し、睡眠に備えて準備してくれます。この準備は自分の意志ではコントロールできません。体内時計を整え、体を睡眠に導くために、毎日同じ時刻にベッドに入ることが必要です。

3 夜遅い時間に食事しない

 体内時計を整えるために規則正しい食事が望ましいです。食事で摂取した食べ物が消化・吸収されるまでに2~3時間が必要となります。夜遅い時間に夕食をとると、胃の消化活動が活発になり、大脳皮質や肝臓の働きが活性化し、結果として食べ過ぎや睡眠不足につながっていきます。

4 朝食を抜かない

 朝食をしっかりとることで、その日の3食の食欲をコントロールできるようになります。逆に朝食を抜いて空腹でいると、反動で食べ過ぎてしまうおそれがあります。なるべく1日に摂取するカロリーの3分の1は朝食でとるようにしたいものです。

5 食事はシンプルに健康的に

 休日にいろいろな予定が入ると、食事が単調になりがちになり、外食や調理済み食品を利用する頻度も増えることもあります。

 健康的な食事のためには、自宅で食事の支度をするのがベストですが、それが難しい場合は、台所に健康的な食品を置いておきましょう。カット野菜や低脂肪の乳製品、精白されていない米や全粒粉のパンなどであれば、手軽に準備できます。

6 ストレスをためない

 ストレスは不安や睡眠障害、血圧の上昇など、好ましくない影響をもたらします。糖尿病や高血圧症のある人にとっては、血糖や血圧のコントロールに悪影響が出てくるおそれがあります。

 普段通りの食事を続けられなくなったり、アルコールを飲みすぎたり、運動不足が続くことも、ストレスの原因になってきます。

 休暇には、想定外の用事が入って忙しくなり、さらに生活が乱れやすくなります。この時期に外せない予定を作りすぎないようにし、余裕をもって計画を立てていきましょう。

7 運動を続ける

 日中に体をアクティブに動かし運動する習慣のある人は、質の良い睡眠を得られるという調査結果があります。30分のウォーキングなどの運動を毎日続けていきましょう。

 運動や身体活動は自然なストレス解消法になります。血糖コントロールや血圧コントロールにもつながり、健康上の利便はたくさんあります。

 30分の適度な運動を週に5日行うのが理想ですが、それが難しい場合は、1日に10~15分のウォーキングなどの運動を1日に2回取り入れるようにしましょう。

 不規則な生活が続く場合でも、運動のための時間を確保するために、カレンダーに運動する予定を書き留めておくと効果的です。

8 アルコールに注意

 アルコール類にもカロリーがあり、アルコールには食欲を増進する作用があるため、飲み過ぎは肥満につながります。この時期は高カロリーの食事が多いため、相乗的に悪影響があらわれてきます。

 糖尿病の治療を受けている人は、アルコールにより低血糖の危険性が高まるおそれもあります。アルコールを飲む場合は、上限を決めて飲み過ぎないようにしましょう。

 「節度ある適度な飲酒」の上限は、純アルコール換算で「1日平均20g程度」です。これは、ビールは中瓶1本(500mL)、清酒は1合(180mL)に相当します。


全ては難しいかもしれませんが、出来そうなとことから取り組んでみてくださいね☺


本日もお読みいただきありがとうございました😊

曽我

2024年4月25日木曜日

軽度認知障害とは?

みなさん、こんにちは。

保健師 竹田です。

4月も後半、ゴールデンウィークが近づいてきました。新しい環境で生活している方も多いかと思います。休日は十分休んでリフレッシュしましょう。

今日は軽度認知障害についてお話します。


軽度認知障害(MCI)とは


認知症と完全に診断される一歩手前の状態です。放っておくと認知症に進行しますが、適切な予防をすることで健常な状態に戻る可能性があります。
認知機能に関して低下を感じている、同じ年代の人と比べて認知レベルが低下している、しかし日常生活を基本的には正常に送ることができるという状態を指します。
認知機能は年とともに低下していきます。MCIの人は、認知機能のレベルが年相応よりも低下してしまっている状態なのです。


認知症との違いは


認知症は「一人暮らしが困難なほど認知機能が低下した状態」という定義があります。お金の扱いや、服薬や食事、生活の様々なことを一人で行うことが難しい状態です。

しかしMCIの人が、必ず認知症になってしまうわけではありません。医療機関でMCIと診断された方が認知症になるのは 1 年で 1割程度。その他の人は、MCIのレベルに留まる人と、年相応の正常レベルに回復する方もいます。


軽度認知障害(MCI)を早期発見するには


認知症の場合、食事や入浴、着替えなどの身の回りのことを行うのが難しくなりますが、MCIでは日常生活に大きな支障が出ないため、家族や周囲の人が気づきにくいという問題があります。MCIを早期に発見するには、MCIの特徴をよく知っておくことが大切です。

MCIには、物忘れの症状が主な健忘型MCIと、注意力や遂行力などの記憶力以外の認知機能が低下する非健忘型MCIがあります。
MCIの記憶障害は加齢によるもの忘れとは違い、「少し前のことでも忘れてしまうことがよくある」「新しいことを覚えられない」といった特徴があります。
また、認知機能が低下すると複雑な作業が苦手になり、「同時に2つのことを行えなくなる」「家事や仕事などでの失敗が増える」などの変化がみられるようになります。

過去1・2年を振り返り、当てはまる項目がないかチェックしましょう。
①何度も同じ話をしたり、同じ質問をする。
②頻繁に置き忘れたり、探しものをしている。
③今まで慣れていた家事や作業に時間がかかる。
④趣味や人付き合い、外出することが億劫になった。

MCIから認知症への進行を防ぐために


食事

  • 野菜・果物をよく食べる
  • 魚をよく食べる
  • ポリフェノールを含む食品をとる(ココアなど)
  • 高カロリー・高脂肪食は控える
運動

  • 適度な運動を行う(週に3回以上が効果的)
  • 特にウォーキングなどの有酸素運動が効果的
認知機能トレーニング
  • 新聞や本を読む
  • ゲームを楽しむ
  • 楽器を演奏する

今日も一生健命 竹田


2024年4月23日火曜日

胃カメラ予約状況の掲載について

胃カメラ予約状況の掲載について


いつも当院をご利用いただきありがとうございます。


胃カメラ予約状況についてホームページとブログでお知らせしておりますが、現在予約を受け付けているところですので、掲載については5月下旬~6月頃の予定とさせていただきます。


皆様にはご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。


また今年度について、胃カメラで予約されている方の日程変更はバリウムでお願いすることもございますので、ご了承下さい。

キャンセルの場合は早めにご連絡いただけますとキャンセル待ちの方に胃カメラをご提供できますので、その旨ご協力をお願いします。


以上よろしくお願いいたします。





胃カメラの予約ができない場合によくお聞きするのが、バリウムは飲めないので胃の検査はしませんというご意見です。

バリウム検査については造影剤や発泡剤などの苦手要素をお聞きしますが、胃検査としては厚生労働省が勧める検査となります。ほとんどの自治体健診や協会けんぽも胃検査はバリウムで契約をしています。

現状では胃カメラの需要の方が高くなっていることも事実です。みなさんが予防について精度を求める時代だと認識しています。

胃がんの罹患率は他の臓器に比べても少なくはありませんので、定期的な検査をおすすめします。胃検査をキャンセルする前に、「ピロリ菌」のチェックはしておきましょう。

ピロリ菌感染している胃がんのリスクが上がることが証明されています。ピロリ菌感染の有無を確認することはとても大切です。当院のオプション検査でご利用いただけますので、お気軽にご相談ください。


ではもうしばらくお待ちください。

2024年4月15日月曜日

胃カメラ予約状況(協会けんぽ)

胃カメラ予約状況(協会けんぽ)


4月15日現在の予約状況をお知らせいたします。

協会けんぽの生活習慣病予防健診での胃カメラは年度内定員数に達しました。

これからお申込みいただく場合はバリウム検査でのご案内か、キャンセル待ちでの受付となります。

ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承ください。




<胃カメラを実施できる基準について>

*ご自身の体調の変化がないこと

*職場や家庭でコロナ感染者や濃厚接触者がいないこと

*コロナ感染症から2週間以上経過していること


<2024年度胃カメラの鎮静(麻酔)について>

2024年4月1日より胃カメラ実施の際に鎮静(麻酔)を使用した場合、

別途で料金をいただく運びとなりました。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

料金詳細:1,100円(税込)


以上よろしくお願いいたします。

2024年4月12日金曜日

腸内環境を整えよう

 こんにちは、山内です。

桜の花も、葉桜になってきているところもあり、もうそろそろ終わりですかね。


さて、今回は腸内環境についてです。

日々の生活の中で、お肌やお腹の調子が悪いと感じることが多い人の場合、腸内環境に問題があることが考えられます。

腸内環境を改善するための食事や生活習慣を見直すことが大切です。

腸内環境が良い状態とは、腸内に生息する腸内細菌がバランス良く生息している状態を指します。

普段私たちの腸内には、細菌がおよそ1,000種類、総数100兆個以上生息していると言われており、その腸内細菌が菌種毎に集合体を作って活動・生息することで腸内環境を整えているとされています。

これらの菌のバランスが乱れると、消化不良や免疫機能の低下などの問題が生じる可能性があります。

・腸内細菌のバランスを整える食事

善玉菌を増やす食品としては、

・ヨーグルト・納豆・チーズ・キムチ・乳酸菌飲料

などの発酵食品がおすすめですので、積極的に摂るようにしましょう。

・良質な睡眠の確保

睡眠は、自律神経のバランスを整えるために不可欠です。十分な睡眠を確保することで、ストレスホルモンの分泌が抑制され、自律神経が安定します。

寝る前にリラックスする習慣を取り入れ、快適な睡眠環境を整えることで、春の不調を軽減することができるでしょう。

・適度な運動の取り入れ

適度な運動は自律神経のバランスを整えるだけでなく、腸内環境の改善にも効果的です。

有酸素運動やストレッチなどの運動はストレスを軽減し、腸のぜん動運動を促す効果が期待できます。

腸内細菌のバランスを整え、健康な腸内環境を維持するために、バランスの取れた食事、適度な運動、ストレス管理などの生活習慣改善が重要です。

それでは、また良い一日を。山内