2019年1月18日金曜日

がんの新規患者について

みなさん、こんにちは。

保健師 竹田です。

インフルエンザが増えており、注意報の基準値を超えているそうです。
うがい、手洗いはもちろん、規則正しい生活を心がけ、栄養にも気をつけインフルエンザ予防に努めましょう。

厚生労働省は2016年、新たにがんと診断された患者数は99万人を超えたと発表しました。
これは全国がん登録という、がん患者の情報を国が一元管理する制度であり、今回この制度による初めての集計でした。

集計結果によると、2016年のがんの新規患者数は99万5132人で、法施行前の登録をもとにした2015年の患者数89万1445人に比べ、10万3687人多いという結果でした。

部位ごとの患者数をみると、大腸15万8127人(15.9%)、胃13万4650人(13.5%)、肺12万5454人(12.6%)の順に多く、15年に比べると順位は同じですが、全体に占める割合は胃や肺で下がっていました。逆に大腸は0.4ポイント上がっていました。



この集計結果では、がんにかかる割合(罹患率)に地域差があることも明らかになりました。
人口10万人当たりの罹患率で、都道府県別で最も高いのは長崎県の454.9で、秋田446.3、香川436.7の順に多く、最も低いのは沖縄の356.3で、愛知367.5、長野367.6でした。
全国平均が402.0で、愛媛県は425.3という結果でした。

地域によって罹患率が異なる理由は明確ではないですが、生活習慣の影響も指摘されます。
胃がんは、食塩の摂取量が多い東北地方や日本海側で目立ち、肺がんは北海道など喫煙率の高い地域に多い傾向がみられます。
それぞれの地域で、どのがんの罹患率が高いか分析し、予防対策につなげていく必要があるといわれています。

大腸がんの発生は、生活習慣と関わりがあるとされています。
赤肉(牛、豚、羊など)や加工肉(ベーコン、ハム、ソーセージなど)の摂取、飲酒、喫煙により大腸がんの発生する危険性が高まります。

がん予防には禁煙、節度のある飲酒、バランスのよい食事、身体活動、適正な体形、感染予防が効果的といわれています。
大腸がんを予防するには、食物繊維を含む食品の摂取が効果的であることがわかっています。結腸がんの予防には、運動も効果的です。

便潜血検査は、がん死亡率を減らす科学的根拠があり、安全、簡単、安価な検査です。
検査の結果が「要精検」となった場合は、かならず精密検査を受けましょう。精密検査では通常大腸内視鏡検査を行います。
がんは1回の検診で見つからないこともありますので、毎年定期的に受診してください。

また、血便、腹痛、便の性状や回数の変化など、気になる症状が続く場合は、次の健診を待たずに医療機関を受診してください。

今日も一生健命  竹田

2019年1月16日水曜日

花王 スマート和食

皆様こんにちは。

保健師 篠崎です。

2019年も始まって半月が過ぎましたが、まだお正月太りが解消できない方も多いのではないでしょうか。
「平成最後」というフレーズをよく耳にしますが、後数ヶ月を大切に過ごしたいですね。

本日は花王が提案する「スマート和食」をご紹介します。

年末に花王サニタリープロダクツ愛媛を訪問し、スマート和食の試食をさせていただきました。
スマート和食の詳細はHPより抜粋したのでご参照下さい。

花王は、2008年から内臓脂肪の蓄積と食事を含む生活習慣との関係を研究してきた結果、内臓脂肪の蓄積の増減に影響する食事習慣には、食事の“量”(摂取エネルギー)だけでなく、食事の“質”(食品選択・栄養バランス)、食事の“時間”(いつ食べるか)という要因があることがわかってきました。
そして食事の“質”と“時間”を工夫すれば代謝が高まって消費エネルギーが増え、摂取と消費のエネルギーバランスの改善に役立つことを科学的に見いだしました。
内臓脂肪をためにくい食事の“質”は、食材では豆類(大豆および他の豆類)、野菜、魚介、果実、海藻、緑茶などの、日本型食生活でなじみのある食材の摂取頻度が高くなることから、「内臓脂肪をためにくいという日本型食生活の健康ベネフィットを、現代のおいしい食生活にスマートに取り入れる」という意味で、「スマート和食」と名付けました。



リンクご活用下さい。
https://www.kao.com/jp/corporate/news/2018/20180621-001/


「スマート和食」の食事5か条: ひとつでも実践すると、太りにくい食事の“質”に近づきます。
1.【食卓の工夫】毎食ご飯を中心に、主菜1皿と副菜2皿をそろえる。
2.【主菜の工夫】魚と大豆製品は、それぞれ1日1回ずつ食べる。
3.【主菜の工夫】肉は低脂肪のものを選ぶ。
4.【副菜の工夫】旬の野菜、きのこ、海藻、芋、豆、果物などをまんべんなく食べる。
5.【調理方法】油脂を使った料理は1食1皿
ドレッシングやマヨネーズ、揚げ物は極力控える。塩分の取り過ぎにも注意。

今回試食をさせて頂いた内容は、主菜に揚げ魚の野菜あんかけ、めかぶの煮物、青菜の和え物でした。
カロリーは680kcal程度で、塩分調整されながらもしっかりと食べ応えのある内容でした。近隣保健師さん数名と一緒に頂きましたが、「おいしい」というのが本音で、途中試食を忘れて女子会ランチになってしまった程でした。実際社員さんからの支持も徐々に出てきて、スマート和食の消費量も増えたそうです。

初めは野菜が多く、カロリーの少ない食事は男性には受け入れがよくなかったそうです。しかし、会社の継続した活動により社員の意識は徐々に変わったと言われていました。

全社的な取組も素晴らしいですが、個々の事業所の取組や社員に寄り添う活動が、組織風土を変え、社員の意識を変えた事例となっています。

社員食堂の一工夫をする良い機会になるかも知れません。是非ご活用下さい。


https://www.kao.com/jp/corporate/sustainability/pickup/pickup-2/

花王さんは自社製品を使用し、いろいろな活動をされています。

サイト内にある動画を訪問時に見せて頂きましたが、感動しました。

では次回までお健やかに。篠崎

2019年1月11日金曜日

2019年始まりました

皆さん、こんにちは。
お久しぶりです。保健師 近藤です。

2019年の挨拶が遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。
今年の年賀状で、以前の職場の方なんですが、ブログ見てるよと報告してくれた方がいました。思ってもいなかったことで、見てくれてたんだと知り、なんか嬉しかったです。

今年もボチボチですが、頑張っていこうと思いますので、よろしくお願いします。


今日は、認知症の予防について簡単に説明をしたいと思います。
その前に、物忘れと認知症は似ているようで異なります。
簡単にいうと下記のような違いがあります。



認知症の予防が期待できる生活習慣

①低糖質・低塩分を心がける
糖尿病患者ではアルツハイマー型認知症と、脳血管性認知症の、いずれも発症率の上昇が報告されています。同様に高塩分は高血圧による動脈硬化により、脳血管性認知症のリスクを高めます。これらの原因となる糖質・塩分を控えめにしておくことが、間接的に認知症を予防します。

②いろいろな食べ物・飲み物をバランスよく摂る
緑茶やワイン、ココナッツオイルなど、特定の食物が認知症の予防によいといわれることがあります。そうした情報に気を配り、それらの食物を適度に摂ることは望ましいのですが、過剰に摂り続け食生活が偏ってしまうと、その食品による既知や未知のリスクを引き出し、結果として体調に意図しない影響をもたらします。特定の食品、極端な食事法にこだわるより、多くのものをバランスよく摂取することが大切なのです。

③低たんぱく・低栄養に注意する
肉や魚などを摂らない低たんぱくや、さまざまな栄養素をバランスよく摂らない低栄養は、認知症を含めた多くの疾患の引き金となります。たとえ一見1日3食食事をしているように見えても、麺類やパンのみなど主食がほとんどを占めている食生活では、肉や魚などのたんぱく質も、さまざまな栄養素も摂れていないため、実質、低たんぱく、低栄養の状態にあることも少なくありません。

④スポーツ、楽器など体を使う活動
適切な運動は、生活習慣病からの認知症発症のリスクを下げるだけではなく、脳を含めた全身の血行を改善することが期待されます。スポーツや運動が身についたり、うまくなるようにと考えることは、脳を活性化することにもつながります。また、認知症になっても、自転車に乗るなどいわゆる体で覚えたものは失われにくいものです。
運動ではなくても、楽器の演奏や、編み物などの手芸、料理などの手作業など、体の一部を使う活動を通して、脳を活性化できる生活習慣も効果的です。

⑤いつもの行動に頭を使う工夫を
知的作業と運動を組み合わせる活動も認知症予防の効果が期待されています。例えば、ただ散歩をするだけでなく、目にする植物の名前を思い出しながら歩いたり、知らない街を地図やガイドブックを参照に歩いてみたり、俳句や短歌を作りながら歩くなどもよいでしょう。

⑥人とのコミュニケーション
以上のような生活習慣も、人とかかわり、コミュニケーションしながら行えば、さらに脳の活性化が期待されます。親子で地図を頼りに散歩するなどもいいですね。脳の健康を保つ生活習慣を、ぜひ仲間やご家族と一緒に取り入れてください。

認知症治療は、早期に開始すれば認知症の進行を遅らせたり、症状を緩和することも期待できることから、認知症かな?と思ったら積極的に医療機関に相談してみることをおすすめします。
認知症は早期発見や早期の正しい診断が非常に大切になってきます。

では、インフルエンザも流行ってきています。
体調には気をつけてお過ごし下さい。

次回まで、See you again!!








2019年1月9日水曜日

冷えは万病のもと

こんにちは、山内です。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

最近は、インフルエンザが流行していますので、皆さんも感染予防してお気をつけ下さい。



冷えは万病のもとです。
がん、脳血管障害、心疾患など多くの病気の根源に冷えがあるのではないかとも言われています。

「手足が冷たい」、「肩がこる」、「しもやけができやすい」、「おなかが冷えると下痢をしやすい」、「腰が冷えると腰痛や足にしびれを感じる」など、冷えの感じ方は人によってさまざまです。

冷えには、いろいろな原因があります。冬の冷えというと、気温の低下や寒冷が影響して手足が冷たくなったり、体調を崩したりする人が多くいますが、意外な原因もあります。それは、精神的なストレスです。

健康に気をつけていても、ストレスの多い生活をしていると体は温かくなりません。スポーツや趣味など、楽しくて夢中になれる活動を自分の生活の中に取り入れましょう。

冷えは大人だけでなく、子どもにも見られます。「冬になるとしもやけができやすい」、「風邪をひきやすい」といった不調は、冷えの兆候です。子どもの頃から体を温めることを大切にして、冷やさないように心がけましょう。

では、冷えを感じたらどこを温めたら効果があるのでしょうか。

病気のあるところは温度感覚が変わるため、温める部位は自分でわかることが多いようです。
膝が痛いなら膝を、手が冷えるなら手を温めるというように部分的に温めます。
肩がこりやすい人や、首が冷えると風邪をひきやすい人は、首の後ろが大事な温めポイントとなります。

また、冷えると内臓の働きが低下して免疫力も下がり、全身の活動に影響します。冷えから体調を崩しやすい人や手足に冷えを感じやすい人は、全身を温めましょう。
四肢末端まで、全身に温かい血液を巡らせるには、へその下あたりを温めるのが効果的です。体全体を温めることができます。



簡単で長く続けやすいおすすめの方法は、起床後に1杯の白湯を飲むことです。
体の芯から温まります。
冷たい飲み物は一気に体を冷やして、なかなか体が温まりません。
腸が冷えると全身の活動が低下し、体調はマイナスに傾きます。
こうならないように飲み物や食べ物は胃腸を冷やさないものを選び、温かくして過ごしましょう。

<体を温める食品の例>
 野菜類――ニンジン、カボチャ、玉ネギ、山芋など
 肉・魚類――鶏肉、羊肉、鮭、鯖、タラ、ふぐなど
 調味料・香辛料――味噌、ニンニク、コショウ、シナモンなど
 豆類など――小豆、黒豆、納豆など

<体を冷やす食品の例>

 野菜・果実類――キュウリ、レタス、トマト、柿、梨、バナナ、メロン、スイカ、パイナップルなど
 飲料――麦茶、コーヒー、牛乳、豆乳など
 調味料など――酢、植物油など

地下に向かって成長する根菜のほとんどは、体を温める食品です。トマトや柿などの例外はありますが、赤や黒など色の濃い食べ物の多くは体を温める食品です。反対に、地上で育つ葉物野菜や南方産の果実、色の白っぽい食品は体を冷やすものが多くなっています。

「冷えはいつものことだから」などと油断せず、症状が重くならないうちに対処することが大切です。

それでは、またよい1日を。山内

2019年1月7日月曜日

年始のご挨拶

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。皆様の健康とご多幸をお祈り致します。

本日よりブログは再開いたします。

平成最後のお正月はいかがお過ごしでしたか。晴れやかな元日となり、初日の出をご覧になった方も多いのではないでしょうか。

胃カメラ予約状況

30年度の予約について

○人間ドック

(個人・健康保険組合)

 3/14 以降 予約可能

(西条市国保)

 予約枠終了 キャンセル待ち


○協会健保生活習慣病予防健診

 今年度の予約枠は終了しました。

 順次キャンセル待ちの方にご連絡させて頂いております。

 胃カメラのご予約が混み合いましてご迷惑をおかけしております。

 キャンセル空き状況はお電話でもお問合せいただけます。




ではまた来週。

2018年12月26日水曜日

年末のご挨拶

皆様こんにちは。

保健師 篠崎です。

今年も残すところ数日となりました。今年は愛媛県も災害にみまわれ、大変な一年となりました。平成も残り数ヶ月ですが、新しい年を迎え年号も変わります。来年は明るく一年を迎えたいと思います。また一年を健康に過ごせるように、健康診断や予防はしっかり行いましょう。健康は毎日の継続が大事です。

年末は一年の健康を振り返るいい機会です。
健康診断はその時の身体の状態を知ることができますが、色々な環境にある自分の身体を振り返ることも大切です。



今年なにがあったかなと思い出してみて、そのときの体調を振り返ってみましょう。
ちなみに今年の漢字は「災」でした。

例えばこんな風に振り返ってはいかがでしょう。

1月:お正月は寝正月。おせちをいただき満足、でも少し太ったかも。
2月:ピョンチャンオリンピックを楽しむ。少し寝不足な毎日だったかな。
3月:年度終わりは仕事が多くて残業。夕食の時間が遅くなった。
4月:お花見を楽しむ。宴会が続いてまたもや食べ過ぎ。健診の予約を済ませる。
5月:天気もいいし行楽日和。健診も近いし少し歩いてみようかなと3日歩く。
6月:梅雨時期になり雨が降る日も多い。休日は自宅で過ごすことが大半。健診を終える。
7月:雨が多かった。災害もあった。人事ではないと思い防災グッヅを揃える。
8月:猛暑で外に出るのも危険。でも庭の水遣りは欠かせない。大変な夏だった。
9月:やっと夜は涼しくなってきた。そういえば健診の結果はどうだったかな。
10月:運動の秋といいつつ歩くのは3日ぼうず。筋トレしようかとネットを見る。
11月:運動器具は家族の反対にあい断念。仕事が徐々に忙しくなって週末はごろごろ。
12月:家の大掃除、粗大ゴミを片付ける。なんだかスッキリした。

健康のために何かしようと思っても結局特別なことは難しいものです。毎日歯磨きをすることも予防です。そんなふうに日常生活で取り入れることができるとストレスなく継続できます。

一年過ぎてしまうとあっという間ですが、一日一日は24時間変わらず過ごしているものです。充実した毎日を送るために、一日の終わりや一ヶ月の終わりに自分自身を振り返ってみて、「お疲れ様、今日もありがとう」と自分をねぎらいましょう。心も身体も元気になれますよ。

今年のブログは本日で終了とさせていただきます。
皆様のご健康とご多幸をお祈り致しまして、本年のご挨拶と致します。
良いお年をお迎え下さい。

来年の開始は1月7日からです。どうぞよろしくお願い致します。

では次回までお健やかに。篠崎

2018年12月21日金曜日

依存症について

みなさん、こんにちは。

保健師 竹田です。

年末になり、忘年会シーズンですね。飲みすぎ、食べ過ぎに注意して、今年一年を万全の体調で締めくくりましょう。

今日は依存症についてお話します。

依存症とは


特定の何かに心を奪われ、「やめたくても、やめられない」状態に陥ることです。

人が「依存」する対象は様々ですが、代表的なものに、アルコール・薬物・ギャンブル等があります。このような特定の物質や行為・過程に対して、やめたくても、やめられない、ほどほどにできない状態をいわゆる依存症といいます。



依存症には2種類あります


依存症の種類は大きく分けて2種類あります。
「物質への依存」と「 プロセスへの依存」です。
物質への依存
アルコールや薬物といった、精神に依存する物質を原因とする依存症状のことを指します。
依存性のある物質の摂取を繰り返すことによって、以前と同じ量や回数では満足できなくなり、次第に使う量や回数が増えていき、使い続けなければ気が済まなくなり、自分でもコントロールできなくなってしまいます(一部の物質依存では使う量が増えないこともあります)。

プロセスへの依存

物質ではなく特定の行為や過程に必要以上に熱中し、のめりこんでしまう症状のことを指します。いつも頭から離れないなどの特徴がだんだんと出てくることです。
どちらにも共通していることは、繰り返す、より強い刺激を求める、やめようとしてもやめられない、いつも頭から離れないなどの特徴がだんだんと出てくることです。

やめられない理由は


まずは脳の仕組みについて、依存対象物質の一つであるアルコールの摂取を例にして学びましょう。
私たちが物事を考えたり感じたりできるのは、脳の中で神経細胞がさまざまな情報伝達を行っているからです。
しかし、アルコールが体内に入ると、脳に侵入し、情報伝達の働きに影響を与えます。
アルコールだけでなく、薬物でも同様ですが、これらの物質を摂取すると、私たちの脳内ではドパミンという快楽物質が分泌されます。
この快楽物質が脳内に放出されると、中枢神経が興奮し、それが快感・よろこびにつながります。この感覚を、脳が報酬(ごほうび)というふうに認識すると、その報酬(ごほうび)を求める回路が脳内にできあがります。

回復することは可能

いったん報酬(ごほうび)を求める回路が脳内にできあがってしまうと 、脳を以前の状態に戻すことは難しいと言われています。
しかし、様々な助けを借りながら回復に向かっていくことはできます。
止め続ける生活を続ければ、問題のない社会生活を営むことも可能となります。
止め続けるには飲酒や薬物使用、ギャンブルなどをしたいときにどのように避けるか、飲酒や薬物使用、ギャンブルなど以外のことをする時間をどのように増やすかが大切です。


一人で抱え込まない


依存症とは、脳内に報酬(ごほうび)を求める回路ができあがり、コントロール喪失に陥ってしまい、 ほどほどにできなくなる脳の病気と言われています。

意志や気持ちで解決しようとしてもうまくいきませんし、何度やめようと決意しても条件が揃うとまたやってしまうということを繰り返します。
また、家族が何かをしたから止めさせられるものでもありません。


依存症の問題を抱えた人同士でミーティングや情報交換を行いながら、回復を目指していく自助グループに参加するという方法や、リハビリ施設を利用する方法もあります。
保健所や精神保健福祉センターに相談すれば、自助グループやリハビリ施設についても教えてもらうことができます。


対応法としては、専門医療機関やお近くの 保健所、精神保健福祉センターといった行政機関に相談し、専門家から適切なアドバイスを得ながら回復に向かう方法があります。
周りに依存症かも・・・と思う人がいた場合、本人に対してどのような対応をすればいいのか、家族自身のストレスを軽減するにはどうすればいいのかなど、きちんとした知識を得ることは非常に大切です。

今日も一生健命 竹田